妊娠線を防ぐ

妊娠した際に現れるのが妊娠線です。お肌に赤紫色のぎざぎざした線が現れます。見た目が悪く、美しいルックスを損ねます。一度この妊娠線が現れると消えることがないと言われているので妊娠線が現れないようにケアをしていく必要があります。妊娠線が現れる原因としてあげられるのが、急激な肌の負担です。お腹が大きくなると皮膚が引っ張られてしまいます。引っ張られすぎると、皮膚の奥にあるコラーゲンや弾力繊維が断裂してしまいます。それによって妊娠線が生じます。妊娠線を予防するためには、皮膚への負担を最小限にする必要があります。肥満体型の方はダイエットに取り組みましょう。妊娠してから太ってしまう人もいるので、体重のコントロールをしっかり行ないましょう。食事の管理や適度な運動が大切です。

妊娠線を予防する方法の一つが、保湿を行なうという点です。弾力繊維は水分を含んでいればいるほど引っ張っても断裂しづらくなります。保湿を行なうことでお腹が大きくなっても妊娠線が生じなくなります。乾燥対策をしっかり行なうことが妊娠線予防に必要です。保湿効果のあるクリームやオイルを塗って保湿を行ないましょう。保湿効果の高いクリームなどが販売されています。このようなクリームをしっかり塗りこんでケアを行なって予防をしましょう。乾燥厳しい冬場などは特に念入りに保湿を行う必要があります。高齢出産の場合などは肌から水分が失われていることが多いのでより入念に保湿を行ないましょう。

Copyright © 2015 美しくなる情報をキャッチ【感度美ン美ンのビューティーアンテナ】 All Rights Reserved. Design by www.alltemplateneeds.com